シラバス参照

印刷
講義名 道徳、総合的な学習の時間及び特別活動の理
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 1時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 友枝 文也指定なし

学習目標(到達目標) 道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神を踏まえ、自己の生き方や人間としての生き方をを考え、主体的な判断の下に行動し、自立した人間として他者と共によりよく生きるための基盤となる道徳性を育成する教育活動である。道徳の意義や原理等を踏まえ、学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育及びその要となる道徳科の目標や内容を理解する。また総合的な学習の時間は、探求的な見方・考え方を働かせ、横断的・総合的な学習を行うことを通して、よりよく課題を解決し、自己の生き方を考えていくための資質・能力の育成を目指す。各教科等で育まれる見方・考え方を総合的に活用して、広範な事象を多様な角度から俯瞰て捉え、実社会・実生活の課題を探求する学びを実現するために、指導計画作成の考え方を理解し、その実現のために必要な基礎的な能力を身に付ける。さらに特別活動は、学校における様々な構成の集団での活動を通して、課題の発見や解決を行い、よりよい集団や学校生活を目指して様々に行われる活動の総体である。学校教育全体における特別活動の意義を理解し、「人間関係形成」・「社会参面」・「自己実現」の三つの視点や「チームとしての学校」の視点を持つとともに、学年の違いによる活動の変化、各教科等との往還的な関連を理解する。
授業概要(教育目的) 道徳の意義や原理などを踏まえ、学校における道徳教育の目標や内容を理解する。また、総合的な学習に時間の意義や各学校において目標及び内容を定める際の考え方、指導計画作成の考え方を理解し、その実現のために必要な基礎的能力を身に付ける。さらに、特別活動の意義、目標及び内容を理解・把握する。
授業計画表
内容
第1回道徳の本質(道徳とは何か)を理解する。
第2回道徳教育の歴史や現代社会に」おける道徳教育の課題(いじめ・情報モラル等)を理解する。
第3回子どもの心の成長と道徳性の発達について理解する。
第4回学習指導要領に示された道徳教育及び道徳科の目標を理解する。
第5回学習指導要領に示された道徳教育及び道徳科の主な内容を理解する。
第6回総合的な学習の時間の意義と教育課程において果たす役割について、教科を越えて必要となる資質・能力の育成の視点から理解する。
第7回学習指導要領における総合的な学習の時間の目標並びに各学校において目標及び内容を定める際の考え方や留意点を理解する。
第8回各教科等との関連性を図りながら総合的な学習の時間の年間指導計画を作成することの重要性とその具体的な事例を理解する。
第9回主体的・対話的で深い学びを実現するような、総合的な学習の時間の単元計画を作成することの重要性を理解する。
第10回主体的・対話的で深い学びを実現するような、総合的な学習の時間の単元計画を作成することの重要性とその具体的な事例を理解する。
第11回学習指導要領における特別活動の目標及び主な内容を離解する。
第12回教育課程における特別活動の位置付けと各教科等との関連を理解する。
第13回学級活動・ホームルーム活動の特質を理解する。
第14回児童会・生徒会活動、クラブ活動の特質を理解する。
第15回学校行事の特質を理解する。
評価方法 筆記試験(50%)
授業への取組(30%)
レポート課題(20%)
テキスト 授業中に適宜資料を配布する。
参考文献 小学校学習指導要領(平成29年告示)文部科学省
小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 特別の教科道徳編 文部科学省
小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 総合的な学習の時間編 文部科学省
小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 特別活動編 文部科学省
中学校学習指導要領(平成29年告示)文部科学省
高等学校学習指導要領(平成29年告示)文部科学省