シラバス参照

印刷
講義名 養護実習
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 通年 講義区分
基準単位数 4 時間 0.00
代表曜日 代表時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 養護教諭二種免許状取得者・2年次
必須/選択 必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 山下 優子 指定なし

学習目標(到達目標) (1)養護教諭二種免許状取得の意義を主体的に考えることができる
(2)学校組織や教職について理解し、その職責を誠実に果たすことができる
(3)講義で学んだ知識や実技を踏まえ、養護教諭の職務の実際について学ぶ
(4)現代の子どもたちが抱える健康課題を把握し、保健管理や保健教育、組織活動に活かすことができる 
授業概要(教育目的)  養護実習では、実際の学校現場で養護教諭の職務や保健室経営のあり方を体験的に学びます。
 そのためには、養護教諭免許取得の意義について自ら主体的に捉えることが必須です。
 実習の前後には2年間にわたって養護実習ガイダンス(事前事後指導)を実施しています。これらのガイダンスをすべて受講し、その都度課される課題をクリアすることが実習の参加条件です。
 ガイダンスの内容としては、養護実習の心構えや内諾の手続き等に始まり、実習後の実習発表会まで様々な形式をとりますが、これらを通して教職者としての職責や使命感、養護教諭の専門性について理解を深めることを目的としています。
 より充実した実習にするためにも、これまでに大学で学んだ講義を復習し、正確な知識や実技を踏まえた上で保健管理や保健教育の実践に臨み、その成果を実感できるよう努めてください。
授業内容 (1)養護教育担当教員・地区担当教員による事前事後指導【全11回】
(2)出身小中学校における養護実習【3週間】
授業計画表
担当教員項目内容教室
第1回山下 優子
入学時
オリエンテーション養護教諭二種免許状取得・履修について212
第2回山下 優子
1年次6月
【各地区HR内】
養護実習の心構え
希望校調査
養護実習における諸注意
実習校希望調査の実施
 
第3回山下 優子
1年次7月
【各地区HR内】
実習依頼・内諾の取り方
1年次前期の反省
実習校への連絡調整
実習依頼および内諾書の取り方
1年次前期を振り返っての反省・評価
 
第4回山下 優子
1年次1月下旬
【補講日】
1年次後期の反省1年次後期を振り返っての反省・評価210
第5回山下 優子
2年次3月下旬
【補講日】
2年次に向けて養護実習前における自己評価210
第6回山下 優子
2年次4月上旬
【各地区HR内】
養護実習・事前挨拶について実習校への事前挨拶についての諸注意 
第7回山下 優子
2年次5月上旬
【補講日1~4限】
養護実習についての事前指導・事前学習①保健管理(救急処置)
②保健教育(指導案作成)
③日誌の書き方等
210
第8回山下 優子
2年次5月中旬~6月上旬
【3週間】
養護実習(実習校)
出身小中学校における養護実習(3週間) 
第9回山下 優子
2年次6月下旬
【補講日】
養護実習の反省養護実習についての自己評価・反省
および発表会事前指導
 
第10回山下 優子
2年次7月下旬
【補講日1~2限】
養護実習のまとめ
【発表会】
2年次前期の反省
各自の養護実習についてのプレゼンテーション
2年次前期を振り返っての反省・評価
 
第11回山下 優子
2年次10月下旬
【各地区HR内】
養護実習事後指導
【評価】
実習校による実習評価および
養護実習ガイダンスの評価
 
第12回山下 優子
2年次1月下旬
【補講日】
養護実習最終ガイダンス
2年次後期および2年間全体についての反省
養護教諭二種免許状申請・免許状更新について
2年次後期および2年間を振り返っての反省・評価
210
授業形式 ① 事前事後指導では講義や演習、発表会など様々な形式をとります。(履修カルテ内に別途指示)
② 養護実習は、原則として自分の出身公立小中学校で3週間、実施します。
評価方法 ① 実習校による養護実習の評価(50%)
② 養護実習における提出・課題【実習日誌・レポート】(20%)
③ 事前事後指導(養護実習ガイダンス)における取組状況(30%)
※上記①~③によって総合的に評価します。
テキスト ①「養護実習ハンドブック」(東山書房)
②「養護教諭二種免許状履修課程 養護実習履修カルテ」(福岡こども短期大学出版物)
③「養護実習ガイダンスシート」(福岡こども短期大学出版物)
オフィスアワー(授業相談) ①養護実習に関する質問(養護実習全般および手続き)については養護教育担当教員実習課職員が受けます。講義時間および出張等で不在の日以外に研究室へ訪ねるよう②地区別の実習相談は、原則として毎週月曜日地区HRの時間に地区担当教員が受けます。
③養護実習前は、準備期間を設けていますので、講義の空き時間や終了後、指導案作成や模擬授業の準備等について質問してください。また、養護実習室での演習(健康診断・環境衛生検査・模擬授業の実施)も可能ですので、十分に活用の上、実習に臨んでください。
準備学習の内容 ①履修カルテにある毎回のガイダンスの内容を熟読して、毎回の課題をクリアできるよう努めてください。特に提出物等の期限や方法については留意の上、担当教員まで提出してください。
②養護実習では、保健管理において、救急処置・健康診断や環境衛生検査の実際を学習することになります。これらの方法や数値等を理解した上で、実際の器具等を適切に扱えるよう予習復習を十分に行ってください。
③保健教育(保健学習・保健指導・啓発活動)では、小学校における体育科(保健分野)の学習指導、特別活動等における保健指導を実践しています。保健(学習)指導案の作成は勿論のこと、効果的な学習成果を上げるための教材研究の準備を余念なく行ってください。