シラバス参照

印刷
講義名 教職実践演習(養護)
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 4時限
校地
科目分類名 養護に関する科目
科目分野名
対象学科・年次 2年後期
必須/選択 養護教諭二種免許状必修

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 山下 優子 指定なし

学習目標(到達目標) 養護教諭に求められている児童生徒・保護者への理解と対応のあり方、また学校保健活動の展開について実践力を高めるとともに、より現場に即した養護教諭としての資質を養うことを目的とします。
授業概要(教育目的) 養護実習の経験を通して、現代の養護教諭や保健室に求められるものは何か考えることによって、発達段階に応じた課題に対する論理的思考力および対応力を養います。
また、実際に学校現場に携わる方々の講話を通して、学校の実情を理解するとともに、教育者としての自覚を深めることを目的としています。
以上の概要を養護教諭及び看護師の実務経験を活かして理解できるようにする。
授業内容 養護実習について反省することによって養護教諭の職務を改めて認識するとともに、養護教諭と関係の深い有識者から学校教育やその専門性について講話を拝聴し、養護教諭としてのあり方、教育者としての自覚を高めることを目的とします。
また、教育実習の経験から現代の幼稚園における保健課題を自ら研究し、保健活動の展開について考えます。さらに、未就学児に対する保健指導のあり方について考え、実際に付属幼稚園児への保健指導を実践することによって保健教育の実践力を養います。
授業計画表
項目
第1回オリエンテーション
養護実習の反省
第2回保健室における児童生徒対応①
第3回保健室における児童生徒対応②
第4回カウンセリングワークショップ①
第5回カウンセリングワークショップ②
第6回保健指導①
第7回保健指導②
第8回保健指導実践①
第9回講師講話①
第10回保健指導実践②
第11回保健指導反省
第12回講師講話②
第13回幼児教育における養護教諭の役割
第14回講師講話③
第15回教職実践演習まとめ
授業形式 講師講話以外は、すべて演習形式で行います。
教職者を目指す者として相応しい服装・態度で受講することを前提とします。
評価方法 ①受講中の意欲・態度、②演習課題やレポート、③筆記試験により総合的に評価を行います。