シラバス参照

印刷
講義名 健康相談活動A
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 月曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名 養護に関する科目
科目分野名
対象学科・年次 1年後期
必須/選択 養護教諭二種免許状必修(※養護実習必修単位)

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 山下 優子 指定なし

学習目標(到達目標) 養護教諭の特性や保健室の機能を生かした健康相談活動に必要な専門的知識や対応方法について理論的・実践的に学ぶことを目的としています。
※養護実習必修単位
授業概要(教育目的) 講義の中では、現在の学校現場で起こっている心身の健康問題の本質を理解し、養護教諭が児童生徒に対して行う対応のあり方について一緒に考えていきます。
実際に保健室に多い症例を通して適切なフィジカルアセスメントや養護診断の仕方を知り、養護教諭の対応の実際について実践力を養うことが最終目標です。以上の概要を養護教諭としての実務経験を活かして理解できるようにする。
授業内容 本講義では、健康相談活動の基礎的理論を学んだ上で、実際の保健室に多い症例を用いて養護教諭が行う対応の実際について学びます。
講義の中で扱う症例としては、「発熱」、「頭痛」、「腹痛」、「気分が悪い」の4事例です。
この症例を通して、養護教諭が行う相談活動について実践するのみならず、児童生徒に関わるその他の関係者がどのように相談活動に関わるのか、その概要を理解することを目的としています。
授業計画表
担当教員項目
第1回山下 優子健康相談活動の基本的理解
第2回山下 優子健康相談活動を支える諸理論および技法①
第3回山下 優子健康相談活動を支える諸理論および技法②
第4回山下 優子健康相談活動に生かすカウンセリングの技法
第5回山下 優子健康相談活動の実践効果を支える視点
第6回山下 優子健康相談活動の連携のあり方
第7回山下 優子健康相談活動における記録の仕方
第8回山下 優子不登校・保健室登校
第9回山下 優子保健室を想定したロールプレイング①【発熱】
第10回山下 優子保健室を想定したロールプレイング②【頭痛】
第11回山下 優子保健室を想定したロールプレイング③【腹痛】
第12回山下 優子保健室を想定したロールプレイング④【気分が悪い】
第13回山下 優子健康相談活動のまとめ①
第14回山下 優子健康相談活動のまとめ②
第15回山下 優子児童生徒にみられる精神疾患【グループ発表】
授業形式 本講義では、健康相談活動についての基礎的理論を学んだ上に、その実践をロールプレイングという形式を用いて演習します。
受講に際しては、事前にテキストおよびワークブックで養護診断をするために必要な知識を予習して講義に臨むことを前提としています。
自分が養護教諭だったらどのように児童生徒に対応するか、児童生徒に関わる関係者だったらどうするか、グループ内で意見交換をすることは、養護教諭の立場のみならず多くの立場や価値観を学ぶ機会となるでしょう。想定場面では自分達の考えと実際の対応を比較しながら、養護教諭のスキルを実際に修得できるよう積極的に臨んでください。
評価方法 ①受講中の意欲・態度、②授業中に課すレポートおよび提出物(ワークブック含む)、③筆記試験・実技試験により総合的に評価を行います。
特に、講義中に実践するロールプレイングでは、グループ活動の中で積極的に参与することを望みます。
なお、提出物については別途指示する内容を留意の上、期限厳守で提出してください。
テキスト ①「健康相談活動の理論と実際」 三木とみ子・徳山美智子編集代表 (ぎょうせい)
②「保健室で役立つステップアップ フィジカルアセスメント」 三村由香里・岡田加奈子著 (東山書房)