シラバス参照

印刷
講義名 学校保健
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 月曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名 養護に関する科目
科目分野名
対象学科・年次 1年前期
必須/選択 養護教諭二種免許状必修 (※養護実習必修単位)

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 山下 優子 指定なし

学習目標(到達目標) 学校保健の意義・目的を学び、学校保健における養護教諭の職務および役割について理解することを目的としています。
(1)「学校保健」の領域における3分野(保健管理・保健教育・組織活動)を理解する。
(2)「保健管理」のうち“健康診断や環境衛生検査、感染症の予防”の目的・方法や事後措置について理解する。
(3)「保健教育」のうち“児童生徒や保護者、教職員”に向けた『ほけんだより』を作成(啓発活動)する。
(4)「保健教育」のうち、保健指導案の書き方を理解する。
授業概要(教育目的) 「学校保健」では、学校における保健管理や保健教育の実際について具体的に学習します。この講義では、保健管理については“学校保健計画、健康診断や環境衛生検査、感染症の予防”を中心に扱うので、健康診断や環境衛生検査の方法(基準値)や事前準備・事後措置について理解してください。また、保健教育については“保健指導”を中心に扱い、保健学習との違いを理解し、特別活動における保健指導について理解を深めてください。なお、本講義は養護実習必修単位のひとつです。以上の概要を養護教諭の実務経験を活かして理解できるようにする。
授業計画表
項目
第1回学校保健の領域/学校保健計画
第2回【保健管理】安全管理
第3回【保健管理】環境衛生検査(1):定期検査
第4回【保健管理】環境衛生検査(2):日常点検
第5回【保健教育】保健指導
第6回【保健教育】保健指導案・啓発活動
第7回学校保健まとめ①
第8回【保健管理】健康診断(1):計画・準備
第9回【保健管理】健康診断(2):各種検診①
第10回【保健管理】健康診断(3):各種検診②
第11回【保健管理】健康診断(4):各種検診③
第12回【保健管理】健康診断(5):事後措置
第13回【保健管理】感染症の予防(1)
第14回【保健管理】感染症の予防(2)
第15回学校保健まとめ②
授業形式 講義形式で、テキストおよび「学校保健ワークブック」に沿って学習を進めます。
受講の際は、講義初回に配布する講義計画(レジュメ)を各自確認し、必ず事前にテキストおよびワークブックで予習をしてから臨んでください。
評価方法 本単位は、「筆記試験(60%)」、「提出物(30%)」、「受講取組状況(10%)」から総合的に評価します。なお、提出物の期限は別途指示する内容を留意の上、期限厳守で提出してください。
テキスト ①「学校保健実務必携」 学校保健・安全実務研究会編著 (第一法規)
②「小学校学習指導要領/小学校学習指導要領解説 特別活動編」
③「保健指導プリント集」(東山書房)
参考文献 ①「四訂・養護概説」 三木とみ子代表編集 (ぎょうせい)
②「養護教諭講座⑦ 新・学校保健」杉浦守邦・野村和雄監修 (東山書房)