シラバス参照

印刷
講義名 公衆衛生学
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 火曜日 代表時限 5時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択 養護教諭二種免許状必修

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 木戸 矢主子指定なし

学習目標(到達目標) 養護教員免許状取得のための必修科目として、予防医学を含む衛生学及び公衆衛生学の基礎知識を習得する。
授業概要(教育目的) 衛生学は、治療学から予防医学的基盤を学び取り、日常生活における適応を確立することを目的としている。また、公衆衛生学では、児童・生徒の生命、健康及び学習能率の維持向上を目的としている。特に本講義では、衛生学を基盤にして、この児童・生徒の生命、健康及び学習能率の維持向上を図るための養護教諭の役割を理解することを修得する。さらに、学校保健活動の向上に寄与できるように、初歩の医学的基礎知識を学び、初歩医学的な考え方を修得する。以上の概要を看護師としての実務経験をいかして理解できるようにする。
授業内容 将来の養護教諭としての活動を視野に入れ、公衆衛生学の基礎を身につけさせ、わが国の公衆衛生活動の枠組みの理解を深める。また、学校保健法など養護教諭が保健室運営において知っておくべき法規についても学ぶ。衛生学は、環境保全および疾病予防、健康増進、寿命延長を目指すと共に、健康科学を学ぶための必要な基礎知識を身につけさせる。
授業計画表
公衆衛生学
時限担当教員項目内容
第1回1時限木戸 矢主子オリエンテーション公衆衛生学の概念について学ぶ
第2回1時限木戸 矢主子保健統計保健統計の概念について学ぶ
第3回1時限木戸 矢主子疫学疫学の基礎知識と因果関係についての考え方を学ぶ
第4回1時限木戸 矢主子生活習慣病生活習慣の現状を知り、主要疾患の概念と疫学について学ぶ
第5回1時限木戸 矢主子地域保健地域保健と保健所について学ぶ
第6回1時限木戸 矢主子母子保健母子保健の現状と対策について学ぶ
第7回1時限木戸 矢主子精神保健精神障害者の現状と精神保健の意義について学ぶ
第8回1時限木戸 矢主子保健医療制度保健医療の制度と法規について学ぶ
第9回1時限木戸 矢主子感染症感染症について学ぶ
第10回1時限木戸 矢主子免疫免疫と抗体の基礎及びワクチンについて学ぶ
第11回1時限木戸 矢主子予防接種予防接種の意義と問題点、各種予防接種の時期について学ぶ
第12回1時限木戸 矢主子アレルギーアレルギーの概念を知り、食物アレルギーと除去食について学ぶ
第13回1時限木戸 矢主子食中毒食中毒について、その原因と対策について学ぶ
第14回1時限木戸 矢主子環境保全環境問題について理解を深め、その改善方法を知る
第15回1時限木戸 矢主子評価総括
授業形式 教科書および配布資料(必要に応じて)を用いて講義形式で行う。
また、適宜パワーポイントを使用して理解を深める。
評価方法 定期試験の成績(80%)、出席状況(10%)および受講態度(10%)により評価を行う。
テキスト わかりやすい 公衆衛生学 第3版 清水忠彦・佐藤拓代 編集(ヌーヴェルヒロカワ)
テキストISBN番号 978-4-86174-030-5
参考文献 第5版 最新公衆衛生学 中室克彦・小嶋仲夫 編集(廣川書店)