シラバス参照

印刷
講義名 子どもの音楽遊びⅢ(4D)
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 4時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 岸川 良子指定なし

学習目標(到達目標) ピアノ演奏や歌唱の表現力を養うには曲をどのように表現するのかをイメージすることが重要である。童謡の場合は曲名や歌詞からそのヒントを得ることができる。また自然にあるものを見たり、音を聴いたりする経験も必要である。この授業ではこれらの事柄を十分に理解して保育に必要なピアノ演奏の技術的向上と歌唱能力を高め、より豊かな表現力を養うことが目標である。
授業概要(教育目的) こどもの音楽遊びⅡで培ったピアノ演奏や歌唱、手遊び、リズム遊びの基礎的能力を踏まえたうえでのレパートリーの拡大や演奏においての豊かな表現力を獲得すること。
主として本学独自のテキスト「やさしく弾ける童謡集」を使用して、音楽を総合的に把握しピアノによる基礎技術及び音楽表現法を得て、弾き歌いの童謡伴奏法を修得する。以上の概要を幼稚園園長としての実務経験をいかして理解できるようにする。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション  グレード表および授業の進度別個人レッスン進度別個人レッスン  
1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい
第2回童謡の弾き歌い曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第3回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第4回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第5回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第6回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第7回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第8回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第9回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第10回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第11回童謡の弾き歌い進度別個人レッスン     1回のレッスンで複数の曲を弾いてもよい。        曲の題名や歌詞の言葉からどのように表現するかをイメージする。
第12回童謡の弾き歌い、テスト同上 テスト曲は個人の選択による
第13回実技テスト複数の担当教員の前での弾き歌い、手遊び、リズム遊び テストの終了後評価の内容を公表する
評価方法 実技テストで童謡の弾き歌い
を行い、担当教員数名が演奏の完成度、服装、受験態度などを総合的に評価して、合否を決める。
テキスト 福岡こども短期大学編「やさしく弾ける童謡集」 バイエル ピアノ教則本 ブルグミューラー 25の練習曲 ソナチネアルバム 他
テキストISBN番号 福岡こども短期大学編 「やさしく弾ける童謡集」
福岡こども短期大学編 「もっとやさしく弾ける童謡集」
参考文献 日本の童謡200選  日本の童謡名歌110曲集 1 日本の童謡名歌110曲集 2 他 
オフィスアワー(授業相談) 2年生の空き時間に専任の教員が行う
学生へのメッセージ 授業を履修するためにはピアノグレード表に示されている6級以上を終了していること。単位を取得するためには日常保育に必要な童謡(実習園での課題曲を含む)や就職試験のためのエチュード数曲を含む25曲を保育の中で実際に伴奏や曲として演奏できるレベルまで到達させること。集中して練習する習慣を身に付けてほしい。
就職試験で弾く曲は、自分で決めず担当の先生に相談することをお勧めします。