シラバス参照

印刷
講義名 社会的養護Ⅱ
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 木曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名 専門科目
科目分野名 保育の内容・方法の理解に関する科目
対象学科・年次 2年前(後)
必須/選択 保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 山口 美樹指定なし

学習目標(到達目標) 1.社会的養護の基礎的内容を理解する。
2.社会的養護の実際について理解を深める。
3.社会的養護の場における援助のあり方について学ぶ。
授業概要(教育目的)  社会的養護の現場では、より相応な専門性が求められてきています。児童虐待の顕在化や、他の専門職との連携など、子どもの人権擁護を基本として、子どもと家族の育成に積極的に関わっていくための知見や技術が必要となってきています。
 社会的養護の実際問題に対する援助のあり方はもとより、社会的養護に関する制度・施策と、課題と展望についても考えていきます。
授業内容 子どもの権利擁護に視点を当てながら、社会的養護の実際、施設養護・家庭養護の生活特性について学びます。社会的養護の実際をイメージしやすいように、事例を用います。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション授業の内容・取り組み方(事例研究の仕方を含む)について理解する
第2回「社会的養護」に関する基本的な理解「社会的養護」について考える
第3回「社会的養護」の基本的仕組み「社会的養護」の基本的な枠組みと仕組みを理解する
第4回施設養護の特性および実際Ⅰ養護系施設における事例を通して学ぶ①
第5回施設養護の特性および実際Ⅰ養護系施設における事例を通して学ぶ②
第6回施設養護の特性および実際Ⅰ養護系施設における事例を通して学ぶ③
第7回施設養護の特性および実際Ⅱ障がい系施設における事例を通して学ぶ①
第8回施設養護の特性および実際Ⅱ障がい系施設における事例を通して学ぶ②
第9回里親制度の特性および実際里親制度の事例を通して学ぶ
第10回支援の計画と内容および事例分析①支援の計画と内容
②事例分析
第11回社会的養護に関わる専門的技術保育士の専門性に関わる知識・技術とその応用
第12回社会的養護の課題と展望地域における事例を通して学ぶ
第13回まとめ記述テスト
第14回  
第15回  
評価方法 受講態度、課題への取り組み及び提出状況、期末試験を総合的に評価します。
テキスト やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ
 『よくわかる 社会的養護内容』
   小木曽 宏 ・ 宮本 秀樹 ・ 鈴木 崇之  編 ミネルヴァ書房
               
   
学生へのメッセージ  この「社会的養護Ⅱ」は、演習科目です。
 社会的養護の実際について、できるだけ具体的に理解するために事例を多く用います。
 事例課題に取り組む際には、“自分が援助者の立場であったら”という観点で真摯に取り組んでください。