シラバス参照

印刷
講義名 社会的養護Ⅰ
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 火曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名 専門科目
科目分野名 保育の本質・目的の理解に関する科目
対象学科・年次 2年後期
必須/選択 保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 橋本 拓指定なし

学習目標(到達目標) 1 社会的養護が必要となる養護問題の現状や背景等について理解する。

2 社会的養護の体系や児童福祉施設などの役割について理解する。

3 社会的養護の実際を理解し親権のあり方と関連させることができるようになる。

4 児童福祉における援助者(保育士)としての役割や援助について理解する。

5 児童観・施設養護観を育てる。
授業概要(教育目的)  児童福祉の理念にたち、社会的養護が発生する背景や児童の福祉を保障する児童福祉施設の役割と実際等について理解する。
授業内容  支援が必要な児童や支援が必要な家庭が増加している。
授業計画表
担当教員項目内容
第1回橋本 拓オリエンテーション、社会的養護とは何か、現代社会に暮らす子どもと家庭社会的養護の基本理念と原則、社会的養護の問題および政策の特徴、子どもと家族の置かれている現状と問題
第2回橋本 拓子どもの権利、子ども養護の歴史子どもの権利、児童の権利に関する条約、社会的養護を必要とする子ども達の権利、子どもの養護のはじまりと展開
第3回橋本 拓社会的養護の体系:家庭・施設・里親社会的養護の体系と課題、社会的養護の制度、相談機関、家庭養護、施設養護
第4回橋本 拓施設養護の特質施設養護の役割、集団で暮らすこと、集団のあり方、
第5回橋本 拓施設養護の基本原理施設養護における養育と運営指針、基本理念、基本原理
第6回橋本 拓児童相談所と施設の連携と実際児童相談所の役割と実際について学ぶ
第7回橋本 拓施設養護の実際:日常生活および自立支援、治療的・支援的援助、親子・地域との関係調整①里親、ファミリーホーム、自立援助ホームなどの在宅養護について学ぶ
第8回橋本 拓施設養護の実際:日常生活および自立支援、治療的・支援的援助、親子・地域との関係調整②乳児院、児童養護施設、福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設などの施設養護について学ぶ
第9回橋本 拓施設養護の実際:日常生活および自立支援、治療的・支援的援助、親子・地域との関係調整③施設養護と在宅養護について事例を通して学ぶ。
第10回橋本 拓社会的養護とソーシャルワークソーシャルワーク、児童自立支援計画とソーシャルワーク、相談援助
第11回橋本 拓まとめと学習と課題の確認①小テスト(持ち込みあり)
解答と解説をする。
第12回橋本 拓児童福祉施設の運営管理設立の経緯と理念、勤務体制、職員会議、苦情解決、第三者評価
第13回橋本 拓児童家庭福祉の援助者としての資質・倫理児童家庭福祉・社会的養護を担う援助者に必要な資質と倫理
第14回橋本 拓社会的養護のあるべき姿と社会的養護の今後の課題仕事の特徴と援助者に求められる資質、虐待、暴力、ソーシャルアクション、地域化など
第15回橋本 拓まとめと学習と課題の確認②期末テスト(持ち込みはあり)
授業形式 講義
評価方法 ①レポート(20%)10点/回⇒2回
②小テスト(10%)10点/回
③期末試験(50%)50点満点
④出席・参加態度等(20%)
テキスト 「社会的養護」 ミネルヴァ書房
「保育士を目指す人のための社会福祉」みらい出版
参考文献 教科書以外に、資料を配布します。
ワークブックを使用します。
学生へのメッセージ 真摯に取り組んでください。
新聞や報道、インターネットから社会問題化している児童・家庭関連の問題を取り上げます。
日頃から児童・家庭問題に関するテレビや新聞等に興味を持って下さい。
そのことが授業を理解し、楽しむ方法です。
準備学習の内容 ファイルとノートを準備してください。毎回配布する資料を綴じてもらいます。
授業用E-mail coco0329190@yahoo.co.jp