シラバス参照

印刷
講義名 子どもの食と栄養
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 3時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 2年 前期(後期)
必須/選択 保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 大山 加奈惠指定なし

学習目標(到達目標)  小児期の発育は栄養状態に大きく影響を受けます。保育に関わる専門家を目指す学生に対し、妊娠前後、乳・幼児期・学童期・思春期の発育や食事摂取および心の発達等の学習をしながら、学生自らの食環境をも改善し、基本的な栄養知識を身につける事を目標にします。さらに、演習・実習を通して献立作成や調理技術の習得をはかり、実践的な子どもの健康・栄養管理が出来るように目指します。
授業概要(教育目的)  子どもの心身の発達は子どもを取り巻く環境に大きく左右されます。小児栄養学の基本は毎日の「食事」です。それは、環境(家庭や社会)要因で常に変容するだけに臨機応変な対応が臨まれます。正しい知識の上に成り立つ、判断能力、児の観察、保護者への共感力、食の問題への関心と対応力を育てることをねらいとします。
授業計画表
授業計画
項目内容教室
第1回 オリエンテーション
栄養の概念・日本人の栄養と疾病の現状
子どもの食環境の現状
208
第2回【演習1】自己の食環境の現状把握のための自己評価レポート
BMI・エネルギー消費量の計算
208
第3回 栄養の基礎知識
Ⅰ 消化のしくみと栄養の取り込みについて
Ⅱ 糖質の種類と消化・吸収
208
第4回 Ⅱ たんぱく質の種類と消化  と吸収
Ⅲ 脂質の種類と消化と吸収
208
第5回 Ⅳ ビタミン・ミネラルの栄養機能と欠乏症について
Ⅴ 食品の成分と分類
208
第6回 ライフステージ栄養
妊娠初期から老年期まで(スライド)
胎児の発育と栄養
208
第7回 胎児の発育と栄養
乳児期の発達と栄養
208
第8回【実習1】調乳法乳汁栄養(母乳・人工栄養)208
第9回 離乳期の発達と栄養208
第10回【実習2】離乳食調理離乳期の子どもの食と栄養208
第11回 幼児期の栄養と食環境208
第12回【実習3】幼児の間食調理幼児のための間食作成208
第13回 食育の基本と内容
食育基本法、保育所・幼稚園・学校における食育の推進
208
第14回【演習2】食物アレルギー対応食食物アレルギー
特別な配慮を要する子どもの食と栄養
208
第15回 確認テスト
ノート提出
208
授業形式 テキスト、ノート、プリント。
評価方法 〇授業ノート
〇出席状況
〇積極的な受講態度
〇レポート提出
テキスト 発育期の子どもの食生活と栄養 学建書院
新ビジュアル食品成分表 大修館書店
オフィスアワー(授業相談) 授業でわからないところがあれば、授業後などに聞いてください。
学生へのメッセージ 人間が生きていくためには、適切な「食生活・栄養」が必要不可欠です。特に子どもの心身の健やかな発育には、乳幼児期の毎日の食生活が大きく関わります。この科目を通して、子どもの食と栄養を学ぶとともに、自分の食生活も振り返って改善してみましょう。

参考URL 1 http://www.mhlw.go.jp
参考URL 2 http://www.mext.go.jp