シラバス参照

印刷
講義名 乳児保育Ⅱ
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 月曜日 代表時限 3時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 菅原 亜紀指定なし

学習目標(到達目標) 1.3歳未満児の発育・発達の過程や特徴を踏まえた援助や関わりの基本的な考え方について理解する。
2.養護及び教育の一体性を踏まえ、3歳未満児の子どもの生活や遊びと保育の方法及び環境について、具体的に理解する。
3.乳児保育における配慮の実際について、具体的に理解する。
4.上記1~3を踏まえ、乳児保育における計画の作成について、具体的に理解する。
授業概要(教育目的) 乳児保育Ⅰの学びを踏まえて、より具体的な援助や関わりについて学びます。子どもの最善の利益、個々の子どもの発達に応じた援助や丁寧で応答的な関わりを実践できるよう事例や演習を通して学んでいきます。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション
0か月-6か月の子どもの育ちと保育①
授業の進め方や評価などについて説明します。
0か月-6か月の子どもの育ちと保育について学びます。
第2回0か月-6か月の子どもの育ちと保育②0か月-6か月の子どもの育ちと実際の援助、生活や遊びについて学びます。
第3回6か月-1歳未満の子どもの育ちと保育①6か月-1歳未満の子どもの育ちと保育について学びます。
第4回6か月-1歳未満の子どもの育ちと保育②6か月-1歳未満の子どもの育ちと実際の援助、生活や遊びについて学びます。
第5回1歳以上2歳未満の子どもの育ちと保育①1歳以上2歳未満の子どもの育ちと保育について学びます。
第6回1歳以上2歳未満の子どもの育ちと保育②1歳以上2歳未満の子どもの育ちと実際の援助、生活や遊びについて学びます。
第7回2歳-3歳の子どもの育ちと保育①2歳-3歳の子どもの育ちと保育について学びます。
第8回2歳-3歳の子どもの育ちと保育②2歳-3歳の子どもの育ちと実際の援助、生活や遊びについて学びます。
第9回乳児保育における計画①乳児保育における計画について学びます。
第10回乳児保育における計画②学びをふまえて、計画を立てていきます。
第11回エピソードワーク①エピソードから子どもの思いを読み解き、発達と個性に応じた実践を考えていきます。
第12回エピソードワーク②エピソードから子どもの思いを読み解き、発達と個性に応じた実践を考えていきます。
第13回まとめ本講義での学びのまとめと確認
授業形式 演習
評価方法 試験60%、授業への取り組み・提出物40%
テキスト 「見る・考える・創り出す 乳児保育Ⅰ・Ⅱ 養成校と保育室をつなぐ理論と実践」茶々保育園グループ社会福祉法人あすみ福祉会編 萌文書林
参考文献 「保育所保育指針解説」厚生労働省編 フレーベル館
「0.1.2歳児 子どもの姿ベースの指導計画」無藤隆・大豆生田啓友編著 フレーベル館