シラバス参照

印刷
講義名 子ども家庭福祉
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択 養護教諭免許・保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 山口 祐二指定なし

学習目標(到達目標) 1.児童家庭福祉の理念と意義を理解する。
2.児童の成長・発達の道すじを理解する。
3.児童を取り巻く社会的環境の状況や変化及び問題点を説明できる。
4.児童家庭福祉の歴史を理解する。
5.児童の権利保障について説明できる。
6.児童家庭福祉の法体制および実施体制を説明できる。
7.児童家庭福祉に関わる機関及び施設の概要とそのサービスについて説明できる。
8.児童家庭福祉の関連機関の連携について説明できる。
9.要保護児童の相談援助の実際について説明できる。
10.在宅児童の家庭へのサービス及び地域活動が説明できる
授業概要(教育目的) 児童を取り巻く社会環境は急激に、しかも大きく変化している。核家族化、少子高齢化が一段と進み、児童虐待防止法や次世代育成支援対策推進法が作られるとともに、児童福祉法など関係する法令も毎年のように改正されている。幼保一元化問題など保育所を中心にした児童福祉施設に新しく求められる役割や機能も増加し、増え続ける児童虐待問題等に対応するために児童相談所や福祉事務所等の関係機関も大きく変貌を遂げることを求められている。
その変化の全体像をしっかりと捉え、保育の現場で実際に対応するために保育士は生きた知識と基本的な考え方を学び、具体的なスキルを身につける必要がある。
授業内容 1.児童家庭福祉論の基礎概念 
  これからの保育士に求められるもの
2.児童を取り巻く社会環境の変化
  少子社会の現状、児童虐待問題の増加
3.児童を取り巻く社会環境の変化の方向性
  次世代育成支援行動計画
4.児童の権利保障
  児童の権利保障の歴史、児童の権利に関する条約
5.児童家庭福祉の歩み
  欧米の児童福祉と日本の児童福祉
6.児童家庭福祉の変革
  戦後の児童福祉と2000年以降の児童福祉の変革
7.児童家庭福祉の法律と行政
  児童福祉法と関連する法律
8.児童家庭福祉の機関
  児童相談所、福祉事務所・家庭児童相談室、保健福祉センター
9.児童家庭福祉施設サービス
  社会的養護と家庭的養護、保育所
10.児童家庭福祉施設サービス
  乳児院、児童養護施設、母子生活支援施設、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設
11.児童家庭福祉サービス
  里親・養子縁組
12.児童家庭福祉サービスの実際
  0~3歳児の子どもと家庭の在宅支援
13.児童家庭福祉サービスの実際
  子ども虐待事例への対応
14.児童家庭福祉サービスの実際
  放課後児童健全育成事業
15.まとめ・記述テスト

授業計画表
項目内容
第1回児童家庭福祉論の基礎概念 
これからの保育士に求められるもの
第2回児童を取り巻く社会環境の変化少子社会の現状、児童虐待問題の増加
第3回児童を取り巻く社会環境の変化の方向性
  
次世代育成支援行動計画
第4回児童の権利保障 児童の権利保障の歴史、児童の権利に関する条約
第5回児童家庭福祉の歩み
  
欧米の児童福祉と日本の児童福祉
第6回児童家庭福祉の変革
  
戦後の児童福祉と2000年以降の児童福祉の変革
第7回児童家庭福祉の法律と行政
  
児童福祉法と関連する法律
第8回児童家庭福祉の機関
  
児童相談所、福祉事務所・家庭児童相談室、保健福祉センター
第9回児童家庭福祉施設サービス
  
社会的養護と家庭的養護、保育所
第10回児童家庭福祉施設サービス
  
乳児院、児童養護施設、母子生活支援施設、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設
第11回児童家庭福祉サービス
  
里親・養子縁組
第12回児童家庭福祉サービスの実際
  
0~3歳児の子どもと家庭の在宅支援
第13回児童家庭福祉サービスの実際
  
子ども虐待事例への対応
第14回児童家庭福祉サービスの実際
  
放課後児童健全育成事業
第15回まとめ・記述テスト

 
授業形式 教科書及び配布プリントを用いて講義形式で15回行う。
ビデオやパワーポイントなど映像の視聴も多く行う。
演習や発表など参加型の授業も行う。
授業内及び課題としてレポートを作成することがある。














評価方法 記述テスト70%
講義参加状況(授業レポートあり)30%
テキスト 「子どもの福祉 児童家庭福祉のしくみと実践」
松本峰雄 編著 建帛社
テキストISBN番号 4623057410
学生へのメッセージ 日本の将来を担う子どもたちの健全な心身の発達と生きる力を育む国家資格の保育士としての自覚を持って学んで欲しいです。