シラバス参照

印刷
講義名 子どもの健康と安全
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 木曜日 代表時限 3時限
校地
科目分類名 専門科目
科目分野名 保育の対象の理解に関する科目
対象学科・年次 1年次
必須/選択 保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 坂本 豊子指定なし

学習目標(到達目標) 1.保育における保健的観点について理解することができる
2.保育における衛生管理・安全管理について具体的に理解することができる
3.子どもの体調不良等に対する適切な保健的対応ができる
4.子どもの健康及び安全管理に関わる専門機関や家庭との連携や具体的な保健活動を理解することができる
授業概要(教育目的) ・保育所保育指針に養護の理念として明記されている、子どもの生命の保持の重要性を理解する必要がある。
関連するガイドラインや近年のデータをもとに、保育における保健的対応について教授する。
・子どもの保健で学習した知識をもとに、計画・実施・評価を含めた演習を行い、実践力を身につけることが
できるよう教授する。
授業計画表
項目内容
第1回第1章 
保育環境
・オリエンテーション
①環境整備
第2回第2章 
保育における健康安全管理の実際
・保育現場における衛生管理
②手洗い
③チャイルドマウス
 チャイルドビジョン
 ハザードマップ作成
第3回第2章 
保育における健康安全管理の実際
・事故防止および安全対策、
・災害への備え、危機管理
④ハザードマップ発表
⑤標語
第4回第3章 
子どもの体調不良に対する適切な対応
・発熱、咳、発疹、脱水、
 けいれん、嘔吐、下痢
⑥バイタルサイン測定
第5回第3章 
子どもの体調不良に対する適切な対応
・応急処置、誤飲、誤嚥、溺水
⑦包帯法、三角巾、創傷処置

第6回第3章 
子どもの体調不良に対する適切な対応
・熱中症
・救急処置、BLS
⑧救急蘇生法
第7回第3章 
子どもの体調不良に対する適切な対応
・アレルギー
・アナフィラキシーショック
・投薬
⑨エピペン
⑩与薬方法
第8回第4章 
感染症対策
・感染症の集団発生の予防
⑪嘔吐物処理
第9回第5章
保育における保健的対応
・3歳未満の子どもの対応
⑫おむつ交換
 衣服の着脱
 抱っこ、おんぶ
第10回第5章
保育における保健的対応
・慢性疾患を持つ子どもへの対応
・障害がある子どもへの対応
第11回第6章 
健康安全管理の実施体制
・職員の連携と組織的取り組み
・子どもの健康づくりへの
 取り組み
・連絡帳の記入
⑬身体計測
 保健便り作成 
第12回第7章 
母子に関する法律
第8章
法律に関する事業の実際
・母子保健法
・児童福祉法
・児童虐待防止等に関する法律
・母子保健福祉事業
⑭保健便り発表
第13回まとめ筆記試験
授業形式 演習(講義、実技、グループワーク)
評価方法 ①筆記試験:50%
②課題・その他提出物(取り組み姿勢、提出状況も含む):30%
③演習態度:30%
①~③により総合的に評価する
テキスト ・保育者のためのわかりやすい 子どもの保健 日本小児医事出版 
・よくある子どもの病気・ケガ まずの対応マニュアル 改訂版 ひかりのくに
・必要時、資料を配布する
学生へのメッセージ  講義受講にあたっての留意点
・配付資料は、各自でファイリングすること
・教科書、その他の配布資料は必ず持参すること
・演習時はエプロン着用とする。(ジャージ着用の場合には適宜、指示する)
・演習を行うためには、事前学習が必要となる。適宜、課題については説明する
・これまでに学習した基礎的知識をもとに、演習を実施する
 予習、復習が必要である