シラバス参照

印刷
講義名 子どもの保健
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 月曜日 代表時限 3時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 木戸 矢主子指定なし

学習目標(到達目標) 1.子どもの健康と保健活動の意義を理解することができる
2.子どもの身体的な発育・発達と保健について理解することができる
3.子どもの健康状態とその把握の方法について理解することができる
4.子どもの疾病と適切な対応や予防方法について理解することができる
5.多職種間の連携・協働の下での適切な対応について理解することができる
授業概要(教育目的) ・保育の専門職として子どもの命を守り、子どもたちの健やかな育ちを支援するために、子どもの発育・発達や
健康の保持増進について教授する。
・子ども自身が自分の健康を守ることができるように働きかけることも求められるため、保育施設さらに地域の
なかで実践できるよう基礎的知識を教授する。
以上の概要を看護師としての実務経験をいかして理解できるようにする。
授業計画表
担当教員項目内容予習
第1回木戸 矢主子子どもの健康と保健の意義・オリエンテーション
・子どもの健康とは
・健康と健康指標、人口動態統計
 
第2回木戸 矢主子子どもを取り巻く環境 ・子どもを取り巻く環境
・地域社会と保育所、児童虐待
 
第3回木戸 矢主子子どもの発育と発達① ・身体発育
・運動機能の発達
 
第4回木戸 矢主子子どもの発育と発達② ・精神機能の発達
・感覚器の発達
 
第5回木戸 矢主子子どもの発育と発達③ ・生理機能の特徴
・臓器の発育、水分代謝、呼吸、循環、体温
 
第6回木戸 矢主子 子どもの発育と発達④ ・睡眠、消化、口腔(歯)
第7回木戸 矢主子 子どもの健康状態の把握① ・健康状態の観察
第8回木戸 矢主子 子どもの健康状態の把握② ・体調不良の子どもヘの対応
第9回木戸 矢主子 子どもの健康状態の把握③ ・発育・発達の評価と診断基準
・保護者との情報共有
第10回木戸 矢主子 子どもの疾病の予防及び適切な対応
主な疾病の特徴①
・子どもの病気の特徴と対応、予防
・新生児の疾患、先天性疾患
・一般的な子どもの病気、呼吸器、アレルギー疾患
第11回木戸 矢主子 主な疾病の特徴② ・消化器、熱性けいれん、泌尿器
第12回木戸 矢主子 主な疾病の特徴③ ・保育所でよく見かける疾患
・耳、眼、皮膚、泌尿器、神経系
第13回木戸 矢主子 主な疾病の特徴④ ・感染症
第14回木戸 矢主子 主な疾病の特徴⑤ ・予防接種、学校感染症
第15回木戸 矢主子 まとめ ・筆記テスト 
評価方法 ①筆記試験:60%
②小テスト:20%
③課題・その他提出物(取り組み姿勢、提出状況も含む):20%
 上記から総合的に評価する
テキスト ・教科書:保育者のためのわかりやすい 子どもの保健 日本小児医事出版 
・必要時、資料を配布する
参考文献 保育所保育指針
学生へのメッセージ 講義受講にあたっての留意点
・配付資料は、各自でファイリングすること
・教科書、その他の配布資料は必ず持参すること
・小テストを実施するが、詳細は講義時に説明する。教科書や配布資料の復習を行う必要がある。