シラバス参照

印刷
講義名 子ども理解と教育相談
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 木曜日 代表時限 1時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 2年
必須/選択 幼稚園教諭免許必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 吉積 明代指定なし

学習目標(到達目標) 保育における発達上の諸問題の把握とその対応方法について、カウンセリングの理論や技法を踏まえて理解する。
授業概要(教育目的) 近年、子育て支援の一つの柱として、園は、園児の親ばかりでなく、地域を対象とした子育て相談の拠点としての役割を担うことを強く求められている。これらを背景に、子どもと保護者の理解と援助の方法を学ぶことを目的としている。
授業では、保育者を単に子どもを保育する者としてだけではなく、保護者にとって「良き理解者、身近な相談相手、そして思いやりのある援助者」という役割を担う者としての視点に立って、如何に親の気持ちに寄添えるかを考察し実践する。
授業内容 1発達保育相談とは     オリエンテーション
             保育カウンセリングの意義
2発達の基礎知識 (1)   乳幼児のからだと心の発達
3発達の基礎知識 (2)   親子関係
4発達の基礎知識 (3)   発達の遅れ、障害のある子とその親の理解
5発達の基礎知識 (4)   虐待をする親と、子どもへの影響を知る
6保育士の立場 (1)    事例の検討①「相談の流れ」
7保育士の立場 (2)    事例の検討②「受容」「共感」「純粋性」
8カウンセリングの基礎知識 (1) カウンセリングとは
9カウンセリングの基礎知識 (2) カウンセリング ワーク(1)
10カウンセリングの基礎知識 (3) カウンセリング ワーク(2)
11カウンセリングの基礎知識 (4) 自己理解 ワーク(1)
12カウンセリングの基礎知識 (5) 自己理解 ワーク(2)
13家庭と園の連携 保護者会の意義
  ことばかけや連絡ノートの活用
14相談・援助と子育て支援 他機関との連携について
15定期試験・まとめ   講義内容全般について筆記試験を実施する
授業計画表
担当教員項目内容教室
第1回吉積 明代1 発達保育相談とはオリエンテーション
保育カウンセリングの意義
211
第2回吉積 明代2 発達の基礎知識(1)乳幼児のからだと心の発達211
第3回吉積 明代3 発達の基礎知識(2)親子関係211
第4回吉積 明代4 発達の基礎知識(3)発達の遅れ、障害のある子とその親の理解211
第5回吉積 明代5 発達の基礎知識(4)虐待をする親と、子どもへの影響を知る211
第6回吉積 明代6 保育士の立場(1)事例の検討①「相談の流れ」211
第7回吉積 明代7 保育士の立場(2)事例の検討②「受容」「共感」「純粋性」211
第8回吉積 明代8 カウンセリングの基礎知識(1)カウンセリングとは211
第9回吉積 明代9 カウンセリングの基礎知識(2)カウンセリング ワーク(1)211
第10回吉積 明代10 カウンセリングの基礎知識(3)カウンセリング ワーク(2)211
第11回吉積 明代11 カウンセリングの基礎知識(4)自己理解 ワーク(1)211
第12回吉積 明代12 カウンセリングの基礎知識(5)自己理解 ワーク(2)211
第13回吉積 明代13 家庭と園の連携 保護者会の意義ことばかけや連絡ノートの活用211
第14回吉積 明代14 相談・援助と子育て支援 他機関との連携について211
第15回吉積 明代15 定期試験・まとめ講義内容全般について筆記試験を実施する211
授業形式 演習

評価方法 学生に対する評価方法
 1 授業レポート(授業終了時に毎回実施)
 2 出席状況 及び 授業(演習)への取組み状況
 3 定期試験

テキスト ワークブック
参考文献 その他 講義中に適宜紹介する。
オフィスアワー(授業相談) 毎授業終了時に小レポートを実施し個別に対応。
学生へのメッセージ 授業では「保育カウンセリング」の実践者を目指す姿勢を求める。
子どもや保護者の理解に加え、相談援助に必要なカウンセリング・マインドを学び、それに必要な保育者自身の自己理解を深めていくことが必要不可欠となる。演習を通して、そのような体験的学習場面への積極的な姿勢を期待したい。