シラバス参照

印刷
講義名 保育方法論
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 月曜日 代表時限 1時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 眞島 加奈絵指定なし

学習目標(到達目標)  子ども一人一人の心身の発達、地域の実態、保育時間等を考慮したよりよい教育・保育環境について理解を深める。
 また、幼稚園教育要領等に示されている「ねらい」及び「内容」を具体的に行う教育・保育方法、園行事と日常保育のつながりについて学習するとともに、より質の高い教育実践ができる指導技術や技能を身に付ける。

授業概要(教育目的)  保育方法論は、幼稚園教育要領に示されている「ねらい」や「内容」を具体的に指導する方法について学ぶ科目である。この科目では指導計画の作成と指導方法について演習を通して学習する。模擬保育や子どもを直接対象とした研究保育、教育実習など、実践に近い形で学び、より優れた指導技術や技能を身に付ける。
以上の概要を幼稚園園長としての実務経験をいかして理解できるようにする。
授業計画表
内容
第1回教育・保育方法の基礎的理論と実践を理解する。
第2回具体的な教育・保育方法について理解する。
第3回園行事と日常保育のつながりについて理解を深める。
第4回子どもが主体的に活動するための教育・保育方法の在り方を理解する。
第5回子どもを取り巻くより良い環境について理解を深める。
第6回遊びを豊かにする環境構成や保育教材について理解を深める。
第7回育みたい資質・能力と子ども理解に基づいた評価の基礎的な考え方を理解する。
第8回指導案作成と指導方法について学習し、実習に向けた指導案を作成する。
第9回子どもの興味・関心を高めるための教材や体験したことを基にした効果的な教材を作成する。
第10回模擬保育の実践を通して、言葉かけや援助の仕方等の基礎的な技術を身に付ける。
第11回模擬保育の振り返りを行い、さらに、研究保育に向けた指導案を作成する。
第12回子どもの興味・関心を高めるための教材や体験したことを基に効果的な教材を作成する。
第13回模擬保育の実践を通して、効果的な言葉かけや動きの提示等の指導技術を身に付ける。
第14回研究保育を実践する。
第15回研究保育を振り返り、記録・考察を行う。
授業形式 演習
評価方法 (1)指導案などの指定された課題の提出(20%)
(2)模擬保育などの実践活動(20%)
(3)研究保育への参加(30%)
(4)模擬保育や研究保育を通した記録・考察の提出(30%)
以上を総合的に評価する。

 以上を総合的に評価する
テキスト 幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)
幼保連携型認定こども園教育・保育要領(平成29年3月告示 内閣府・文部科学省・厚生労働省)
保育所保育指針(平成29年3月告示 厚生労働省)
参考文献  「新訂 豊かな感性を育む身体表現遊び」 (井上 勝子他著 ぎょうせい
 「たのしい子どものうたあそび」 (木村 鈴代編著者 同文書院)
遊びの指導(幼少年教育研究所編著、同文書院)
「やさしく弾ける童謡集」・「造って遊ぶ・描いて遊ぶ」応用編 (福岡こども短期大学編 )
オフィスアワー(授業相談) 授業開始時に、各コースの担当教員に尋ねること
学生へのメッセージ 具体的に保育を組み立てて実践に結びつける授業なので、各人の主体性や積極的性が求められる。