シラバス参照

印刷
講義名 子どもの造形遊び
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名 領域及び保育内容の指導法に関する科目
科目分野名 領域に関する専門事項 ・表現
対象学科・年次 1年次
必須/選択 教員の免許状取得のための 必修科目

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 柳生 明子指定なし

学習目標(到達目標) 造形の基礎的な知識と技能、表現力を身に付けながら、生活における造形の役割を理解すると共に幼児の表現を支える感性や創造性を豊かにする。
授業内容 様々な造形の知識や表現活動を体感することで表現する楽しさや喜びを知り、表現力、観察力を深めていく。また、身近なことやものをテーマに、グループワークや実践的な表現活動を通して幼児造形に必要な知識、技能、態度を学ぶ。最終的にはすべての活動をポートフォリオとしてまとめる。
授業計画表
担当教員内容教室
第1回柳生 明子幼児の表現から芸術作品までを画像や映像で紹介しながら造形に関心を持つ。136
第2回柳生 明子身近にあるものを想い浮かべ描くことでイメージを豊かにする。136
第3回柳生 明子ものの見え方や描き方を通して表現することの楽しさを実感する。136
第4回柳生 明子形、色、素材について説明するとともに色彩の基礎知識を理解する。136
第5回柳生 明子グループワークを通して様々な表現に触れ、表現の多様性を理解する。136
第6回柳生 明子季節や行事をテーマに色彩表現活動を通して表現力を身につける。136
第7回柳生 明子グループワークを通して身近な素材を用いた立体表現に取り組み、表現の多様性を理解する。136
第8回柳生 明子自然や文化をテーマとした平面表現活動(1)プランニング136
第9回柳生 明子自然や文化をテーマとした平面表現活動(2)制作136
第10回柳生 明子幼児の遊びや生活環境をテーマとした立体表現活動(1)プランニング136
第11回柳生 明子幼児の遊びや生活環境をテーマとした立体表現活動(2)制作136
第12回柳生 明子身につけた知識、技能、表現力をポートフォリオとしてまとめる。136
第13回柳生 明子まとめをする。136
授業形式 演習
評価方法 課題ごとに活動作品を評価し提出期限などを踏まえ総合的に評価する。
テキスト 適宜資料を配付する。
参考文献 幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)
保育所保育指針(平成29年3月告示 厚生労働省) 
幼保連携型認定こども園教育・保育要領(平成29年3月告示 内閣府・文部科学省・厚生労働省)
オフィスアワー(授業相談) 授業の前後や昼休みの時間に、相談に応じることができる。