シラバス参照

印刷
講義名 子どもの音楽遊びⅠ
(副題) シラバス参照用
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 火曜日 代表時限 4時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 1年次
必須/選択 幼稚園教諭免許状必修

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 空閑 ゆき子指定なし

学習目標(到達目標) 正しく楽譜を読むために
童謡に出てくる程度の楽譜を完全に理解できるようにする
授業概要(教育目的) 楽譜を読むために必要な最も基本的約束事を学ぶ。ねらいは幼児教育志望者が楽譜を読めるようになること。器楽演奏やリズム遊びに必要な知識として、リズムと拍子の仕組みを学ぶとともに、簡易伴奏に必要な音楽理論を学ぶ。
以上の概要を幼稚園園長の実務経験を活かして理解できるようにする。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション
譜表と音名
授業の目的と内容
楽譜各部の名称
音名
童謡歌唱                        
第2回音の長さ、リズム、拍子変化記号
音符・休符の書き方
リズムと拍子と小節
拍子と小節
学歌、園生活のうたを歌っていく                                 
第3回様々なリズム連符と休符
タイとスラー
拍子のとり方(指揮法)
縦線と小節、強起と弱起、シンコペーション
                    
第4回練習問題をやりながら復習様々な反復記号
小節数を数えよう
演奏時間の計算
リズムパターンの練習
リズム譜を書く、リズム打ちを体験する、器楽合奏の楽譜を見る                
第5回リズム打ち復習リズムの復習
第6回第4章 速さ・強さの表示法速度標語(読み方と意味)強弱記号
第7回第5章曲想・奏法の表示法発想記号、奏法記号、装飾音符、省略記号
第8回第6章 音程音程とは~幹音だけの音程まで
第9回第7章 音階長音階のみ(調号と臨時記号)
第10回第7章 音階音程の復習と練習問題
第11回第8章 和音 第9章 コードネーム和音は主要3和音、コードの種類
第12回練習問題コードの仕組み復習
速さの表示法
強さの表示法
曲想に関する用語
奏法に関する用語・記号
*次時小テスト範囲予告
第13回まとめ音程・コードネームの確認
まとめ
評価方法 リズム打ちや理論の課題、平常点を総合して評価を行う

テキスト 福岡こども短期大学発刊              「正しく楽譜を読むために」
オフィスアワー(授業相談) 空き時間随時(最初の授業時に説明)
学生へのメッセージ 初めて読譜について学ぶ人にとっては少し親しみにくい内容もありますが、歌ったり、リズムをとったりするうちに、理論と実技が必ず結びついてきます。仕組みが分かれば読譜は決して特別難しいことではありません。