シラバス参照

印刷
講義名 言語表現指導法
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 木曜日 代表時限 4時限
校地
科目分類名 教職保育内容、保育の内容・方法に関する科目
科目分野名
対象学科・年次 1年次
必須/選択 幼稚園教諭免許状・保育士資格必修

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 永井 勝子指定なし

学習目標(到達目標)  乳幼児教育において育みたい資質・能力について理解する。また、『幼稚園教育要領』『保育所保育指針』『幼保連携型認定こども園教育・保育要領』に示された領域「言葉」のねらい及び内容について、背景となる専門領域と関連させて理解を深める。さらに、乳幼児の発達に即して主体的・対話的で深い学びが実現する過程を踏まえ、具体的な指導場面を想定し保育を構想する方法を身につけていくことを目標とする。
授業概要(教育目的)  言語表現指導法は、『幼稚園教育要領』等に示されている領域「言葉」のねらい及び内容を具体的に指導する方法について学ぶ演習科目である。この科目では、乳幼児期の言葉の発達過程について映像資料等で理解し、子どもの姿をイメージしながら、発達に即した生活や遊びの中での援助のあり方をグループで話し合い考える。また、乳児を対象とした非言語コミュニケーションの取り方や、子どもが自ら絵本などの児童文化財(言語表現教材)に親しむ環境構成および保育の展開のための知識や技術を伝え、学生はそれらを修得し、具体的な保育を想定した指導案の作成、模擬保育とその振り返りを行い、実践力を身につける。以上の概要を幼稚園教諭としての実務経験をいかして理解するようにする。
授業計画表
担当教員項目内容教室
第1回永井 勝子 領域「言葉」の保育の目標、ねらい及び内容について理解する。306
第2回永井 勝子   言葉の発達過程(対象:3歳未満児)について理解する。306
第3回永井 勝子 乳児期の情動(表情や身振り、泣き声など)から欲求を読み取り、受容し応答することの重要性を理解する。
306
第4回永井 勝子 情報機器を活用し、乳児期を対象とした非言語コミュニケーションの取り方を身につける。
306
第5回永井 勝子 情報機器を活用し、言語表現教材(対象:3歳未満児)についての知識・保育への活用法を身につける。
306
第6回永井 勝子 言葉の発達過程(3歳以上児)について理解する。306
第7回永井 勝子 情報機器を活用し、言語表現教材(対象:3歳以上児)についての知識・保育への活用法を身につける。
306
第8回永井 勝子 初等教育を見据えた文字に親しむための環境構成について理解する。306
第9回永井 勝子 言語表現教材の作り方を学び、作成する。306
第10回永井 勝子 言語表現教材を使った保育の展開を考え、指導案を作成する。306
第11回永井 勝子 模擬保育を行う(1)3歳未満児を対象とした保育実践力を身につける。306
第12回永井 勝子 模擬保育を行う(2)3歳以上児を対象とした保育実践力を身につける。306
第13回永井 勝子
情報機器を活用し映像を見ながら模擬保育の振り返りを通して、改善点を考え指導案の見直しを行う。
306
授業形式 演習形式
評価方法 ・課題提出60% ・模擬保育の発表内容40% 

テキスト 「保育者をめざす人の保育内容(言葉)」駒井 美智子編著 ㈱みらい 2018年
「保育教材アイディア集」福岡こども短期大学 2019年
参考文献 「実習の日誌と指導案サポートブック」大元千種監修 ナツメ社 2016年
オフィスアワー(授業相談) 授業に関する質問については、授業後にご相談ください。
学生へのメッセージ ①授業の準備物を忘れることのないよう事前に確認をお願いします。
②課題は提出期限を厳守してください。
③日頃から絵本などの児童文化財にふれ、保育現場で活用できる知識と技術を身につけていきましょう。