シラバス参照

印刷
講義名 幼児体育指導法
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 月曜日 代表時限 3時限
校地
科目分類名 教職に関する科目
科目分野名
対象学科・年次 1年 後期
必須/選択 幼稚園教諭免許・保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 杉 秋成指定なし
指定なし柳井 義裕指定なし

学習目標(到達目標) 領域「健康」について理解を深めると共に、運動遊びを横断的にとらえながら、運動の基礎を学ぶ。また、手具の特性を知り、様々な手具遊びを習得する。
授業概要(教育目的) 領域「健康」におけるねらい、内容及び、基礎的事項にについて理解を深める。そして、他領域との関連も考慮しながら総合的にねらいが達成できるような運動遊びの指導計画立案ができ、それを実践に移すことができるようになる。さらに、発育発達に応じた系統的、段階的指導方法について実践を通して学習する。
授業計画表
授業計画
担当教員項目内容教室
第1回柳井 義裕オリエンテーション教科のねらい 評価方法
講義参加の決まり事の確認
領域「健康」について
短体
第2回柳井 義裕集団遊び①集団の行動様式
じゃんけんゲーム
おにごっこ
短体
第3回柳井 義裕集団遊び②集団の行動様式
じゃんけんゲーム
おにごっこ
短体
第4回柳井 義裕手具遊び①短縄遊び
長縄遊び
ボール遊び
短体
第5回柳井 義裕手具遊び②フープ遊び
身近なものを使った遊び
短体
第6回柳井 義裕グループ指導①グルーピング
遊びの立案
指導練習
短体
第7回柳井 義裕グループ指導②グループ毎指導実践短体
第8回柳井 義裕グループ指導③グループ毎指導実践短体
第9回柳井 義裕指導案立案①領域「健康」について
指導案立案の意義
指導案立案方法
短体
第10回柳井 義裕指導案立案②立案
指導及び確認
短体
第11回柳井 義裕指導案立案③立案
指導及び確認
短体
第12回柳井 義裕指導案立案④指導及び確認短体
第13回柳井 義裕まとめ講義のまとめと振り返り
短体
授業形式 演習
評価方法 受講態度
指導案
グループ指導
テキスト 特になし
参考文献 特になし
学生へのメッセージ 特に理由がない限り本学指定の体操服及び体育館シューズを使用して下さい。
また、理由がある場合は、必ず担当教員に届け出をして下さい。
貴金属類は必ず外し化粧はしないようにして下さい。
幼稚園二種免許状取得及び保育士資格取得必修科目である為、遅刻及び欠席が無いよう必ず受講するようにして下さい。
積極的に身体をを動かし、体力の維持増進に努めて下さい。