シラバス参照

印刷
講義名 教育心理学
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 月曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 1年
必須/選択 幼稚園教諭免許・保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 武藤 郁和指定なし

学習目標(到達目標) 教育心理学に関する基本的事項を理解し、発達段階に応じた保育・教育を行うために身につけておきたい心理学的技法について学ぶ。また、障害を持つ者の特徴を理解し、保育・教育を行うに当たって留意すべき点について考える。
授業概要(教育目的) 保育・教育に関する心理学的法則や教育心理学の基礎事項について理解を深める。また、生涯発達的観点から胎児期・新生児期・乳幼児期・青年期・成人期・老人期の発達と保育・教育を理解する。さらに、子育て支援の一環として、保育における教育的要素に関する相談に対応できる能力を養成する。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション
授業内容及び授業の進め方
教育心理学とは
発達観と子ども観
第2回胎児期・新生児期・乳児期
言葉・知覚・認知・社会性の発達
第3回幼児期
言葉・知覚・認知・社会性・感情の発達
第4回児童期・青年期
言葉・知覚・認知・社会性の発達
第5回成人期・老人期
生涯発達と発達援助
第6回学習の理論(1)
連合説
第7回学習の理論(2)
認知説
第8回記憶と学習
記憶のしくみ・忘却理論
第9回フロイトの思想(1)
心理性的発達段階
第10回フロイトの思想(2)
適応規制
第11回知能
知能と知能検査
第12回障害児(者)
身体的障害・知的障害・軽度発達障害
第13回心理学の歴史
構成主義への批判
第14回保育実践の評価
コンピテンス
第15回(定期試験)
 
評価方法 1 定期試験
2 レポート
テキスト 教育心理学を愉しむ
宮原英種・宮原和子著
ナカニシヤ出版
テキストISBN番号 978-4-88848-309-4
参考文献 教育心理学ルック・アラウンド―わかりあいたいあなたのための教育心理学―
山崎史郎編
プレーン出版

たのしく学べる最新教育心理学 教職にかかわるすべての人に
櫻井茂男編
図書文化