シラバス参照

印刷
講義名 保育内容総論
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 1 時間 0.00
代表曜日 木曜日 代表時限 1時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 1年
必須/選択 保育士資格必修

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 秀島 剛徳指定なし

学習目標(到達目標) 1.保育所保育指針における「保育の目標」「育みたい資質・能力」 「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」と「保育の内容」の 関連を理解する。
2.保育所保育指針の各章のつながりを読み取り、保育の全体的な 構造を理解する。
3.子どもの発達や生活を取り巻く社会的背景及び保育の内容の歴 史的変遷等を踏まえ、保育の内容の基本的な考え方を、子ども の発達や実態に即した具体的な保育の過程(計画・実践・記録・ 省察・評価・改善)につなげて理解する。
4.保育の多様な展開について具体的に理解する。

授業概要(教育目的) 保育の基本と保育内容、乳幼児期の発達と生活、保育内容の歴史的変遷、「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育要領・保育要領」における保育内容の考え方を取り上げる。また、子ども集団の発達の特性や発達過程を踏まえ、観察や記録の観点を習得し、保育内容と子ども理解とのかかわりについて学ぶ。さらに、多様なニーズへの対応、小学校との連続問題などの保育問題ついて検討する。これらを通して、保育内容を総合的に捉える視点を獲得し、保育を構想する力や実践力を身につけることを目指す。以上の概要を幼稚園教諭としての実務経験を活かして理解できるようにする。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション「保育内容総論での学び」
・授業計画(シラバス)の確認
・保育の全体構造と保育内容
第2回保育の基本と保育内容(1)
・保育所保育指針に基づく保育の全体構造と保育内容の理解
第3回保育の基本と保育内容(2)
  
・保育の内容の歴史的変遷とその社会的背景
・就学前教育(保育)の内容と方法
第4回保育の基本を踏まえた保育内容の展開(1)・子どもの発達や生活に即した保育の内容の基本的な考え方

第5回保育の基本を踏まえた保育内容の展開(2)
・養護及び教育が一体的に展開する保育
・乳児保育における総合性について
第6回保育の基本を踏まえた保育内容の展開(3)・環境を通して行う保育
・生活や遊びによる総合的な保育
第7回保育の基本を踏まえた保育内容の展開(4)・個と集団の発達を踏まえた保育
第8回保育の多様な展開(1) ・家庭、地域、小学校との連携を踏まえた保育
第9回保育の多様な展開 (2)  
 
・統合保育を通して保育者が学ぶこと
・多文化共生保育
第10回保育の多様な展開(3)・現代社会の保育ニーズ
・子育て文化と保育内容
第11回子ども理解と保育内容(1) ・子どもの発達や実態に即した具体的な保育の過程と保育の内容の基本的な考え方
第12回子ども理解と保育内容(2)
  
・子どもの発達や実態に即した具体的な保育の過程と保育の内容の基本的な考え方
第13回まとめ 

・授業の振り返りとまとめ
授業形式 演習形式
評価方法 授業への取り組み(課題提出)60% 筆記試験40%
テキスト 『保育内容総論ワークブック』福岡こども短期大学 2018年
『保育所保育指針解説』厚生労働省編 2018年
『実習の日誌と指導案サポートブック』大元千種監修 ナツメ社 2016年
            
参考文献 『幼稚園教育要領解説書』文部科学省 2018年
『幼保連携型認定こども園 教育・保育要領解説書』内閣府・文部科学省・厚生労働省 2018年
オフィスアワー(授業相談) 授業に関する質問については、授業後にご相談ください。
学生へのメッセージ ①授業の準備物(毎回のテキスト等)を忘れることのないよう事前に確認をお願いします。
②課題は提出期限を厳守してください。
③日常生活の場において、子どもの姿を積極的に観察するよう心がけましょう。子どもの行動(しぐさ)や
 言動を具体的に記録する練習をおこない、子どもへの理解を深めていきましょう。