シラバス参照

印刷
講義名 保育課程総論
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 金曜日 代表時限 4時限
校地
科目分類名 教育の基礎的理解に関する科目
科目分野名 教育課程の意義及び編成の方法(カリキュラム・マネジメントを含む。)
対象学科・年次 こども教育学科・1年次
必須/選択 幼稚園教諭免許・保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 秀島 剛徳指定なし

学習目標(到達目標) 学習指導要領を基準として各学校において編成される教育課程について、その意義や編成の方法を理解するとともに、幼稚園・保育所の実情に合わせてカリキュラ・マネジメントを行うことの意義を理解する。また、指導計画とのつながりと指導計画の種類および、その役割を理解して実際に指導計画立案を体験する。
さらに、保育者自身が正しい保育観に立ち、子どもの主体的な活動を重視した豊かな園生活を形成することができるような具体的な内容を学習していくことを目標とする。
授業概要(教育目的) ①学校教育において教育課程が有する役割・機能・意義を理解する。
②教育課程編成の基本原理及び学校の教育実践に即した教育課程編成の方法を理解する。
③教科・領域・学年をまたいでカリキュラムを把握し、学校教育課程全体をマネジメントすることの意義を理解する。
以上の概要を幼稚園教諭としての実務経験をいかして理解できるようにする。
授業計画表
内容
第1回オリエンテーション:講義の全体的構造と学習の進め方について 
第2回子どもの特性について:社会の背景と保育の特質
第3回保育所保育指針・幼稚園教育要領(1):内容と教育課程編成の目的
第4回保育所保育指針・幼稚園教育要領(2):改訂の変遷及び主な改訂内容など 
第5回教育課程および保育課程(1):内容及び位置づけ
第6回教育課程および保育課程(2):社会で果たす役割や機能
第7回教育課程および保育課程(3):教育課程編成の目的と基本原理
第8回教育内容の例示(1):教科・領域を横断した教育内容を選択・配列する方法
第9回教育内容の例示(2):体系的・総合的な視野を基にした教育課程
第10回教育内容の例示(3):体系的・総合的な視野を基にした指導計画
第11回指導計画(1):概要および種類、作成 
第12回指導計画(2):添削、書き直し
第13回カリキュラム・マネジメント:意義と内容 
第14回カリキュラム評価:基礎的な考え方と実際の評価
第15回まとめ
評価方法 筆記試験(80%)、課題レポート、小テスト(20%)
テキスト 保育所保育指針(平成29年3月告示 厚生労働省)
幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)
幼保連携型認定こども園教育・保育要領(平成29年3月告示 内閣府・文部科学省・厚生労働省)
参考文献 授業中に適宜資料を配布する。