シラバス参照

印刷
講義名 保育者論
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 火曜日 代表時限 1時限
校地
科目分類名 幼稚園教職課程、保育士養成課程必修
科目分野名 教職の意義等に関する科目、保育の本質・目的に関する科目
対象学科・年次 2年生
必須/選択 卒業・幼稚園教諭免許状・保育士資格必修

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 永井 勝子指定なし

学習目標(到達目標)  現代社会における教職の重要性の高まりを背景に、教職の意義、教員の役割・資質能力・職務内容等について身に付け、教職への意欲を高め、さらに適性を判断し、進路選択に資する教職の在り方を理解する。

授業概要(教育目的) ①我が国における今日の学校教育や教職の社会的意義を理解する。
②教育の動向を踏まえ、今日の教員に求められる役割や資質能力を理解する。
③教員の職務内容の全体像や教員に課せられる服務上・身分上の義務を理解する。
④学校の担う役割が拡大・多様化する中で、学校が内外の専門家等と連携・分担して対応する必要性について理解する。
以上の概要を幼稚園教諭としての実務経験を活かして理解できるようにする。

授業計画表
担当教員項目内容教室
第1回永井 勝子 オリエンテーション:「保育者論での学び」:授業計画(シラバス)の確認301
第2回永井 勝子 「保育者になる」ということ(1):教育の目的と教員の仕事 
「保育者」のイメージとは:幼稚園教諭と保育士の免許・資格を取得する方法
301
第3回永井 勝子 「保育者になる」ということ(2):倉橋惣三の『育ての心』から考える301
第4回永井 勝子 保育者の一日(1):仕事内容と教員に求められる役割と資質能力 301
第5回永井 勝子
保育者の一日(2):「保育者」という仕事
301
第6回永井 勝子

保育者の専門性(1):子どもの思いや育ち、教員の職務の全体像
301
第7回永井 勝子
保育者の専門性(2):子どもと一緒に心と体を動かす仕事「幼稚園の場合」301
第8回永井 勝子
保育者の専門性(3):子どもと一緒に心と体を動かす仕事「保育所の場合」
―0・1・2歳児保育における保育者の役割―

301
第9回永井 勝子
 
保育者の専門性(4):子どもの豊かな生活を生み出す保育者の在り方301
第10回永井 勝子 保育者の専門性(5):子育て支援(保護者への支援)の必要性
301
第11回永井 勝子
保育者の専門性(6):保育者の成長と「省察」301
第12回永井 勝子 学び合う保育者:効果的な連携・分担、チームとしての組織的な諸課題
301
第13回永井 勝子
保育者の専門性について考える(1):教員研修の意義と制度上の位置付け301
第14回永井 勝子
保育者の専門性について考える(2):服務上・身分上の義務及び身分保障301
第15回永井 勝子 保育者の専門性について考える(3):生涯にわたって学ぶ意味 
301
授業形式 講義形式
評価方法 ・課題提出 60%  ・筆記試験 40%
テキスト 「保育者論」ワークブック 福岡こども短期大学
『保育所保育指針解説』厚生労働省 2018年

参考文献 「保育者論」矢藤誠慈郎・天野珠路編 中央出版 2019年
「21世紀型保育の探求」大豆生田啓友編 フレーベル館 2017年
『幼稚園教育要領解説』文部科学省 2018年

オフィスアワー(授業相談) 授業に関する質問については、授業後にご相談ください。
学生へのメッセージ ・授業の準備物を忘れることのないよう事前にご確認ください。
・課題は提出期限を厳守してください。
・保育政策の動向などアンテナを張って情報を収集しておきましょう。
・豊かなヒューマン・リレーションシップを持つ事を意識していきましょう。