シラバス参照

印刷
講義名 教育学
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 木曜日 代表時限 3時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 2年
必須/選択 卒業・幼稚園教諭免許・保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 武藤 郁和指定なし

学習目標(到達目標) 教育への基本的な理解を深め、実際の具体的教育活動の展開に生かすことができる理論的背景を身につけることを目的とする。
授業概要(教育目的) 教育の意義・目的及び児童福祉との関連性について理解を深めると共に、日本や諸外国における教育の基礎的な概念や理論、幼児教育の理論、それぞれの国の教育史子ども観と教育観の変遷について学習し、教育に関する体系的知識を習得する。また、教育制度の基礎、教育法規・教育行政の基礎等について理解を深め、教育の内容や方法を知り、基本的な実践原理及び指導原理について理解を深める。さらに、生涯学習社会における教育のあり方や今日の教育問題等にも考えを深める。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション教育の目的とやりがい
第2回教育と人間の文化文化の意味と文化を身につけること
アベロンの野生児・アマラとカマラ
第3回教育と児童福祉の関連性児童福祉と教育の変遷
児童福祉と教育の関連
第4回日本の教育史(1)江戸時代及び明治初期の教育
第5回日本の教育史(2)大正・昭和初期と戦時中の教育
第6回日本の教育史(3)終戦後・高度経済成長期の教育
第7回諸外国の教育史イニシエーション、ポリスの教育、身分教育、職業教育、近代学校教育制度、近代教育思想
第8回子ども観と教育観の変遷西洋の子ども観と教育観の変遷
日本の子ども観と教育観の変遷
第9回教育法規・教育制度・教育行政の基礎教育・保育と教育制度
教育行政と教育法規
第10回教育の方法と内容・学習指導の原理と実際教育方法・カリキュラム編成・学習指導
第11回ジェンダーと情報教育ジェンダー教育・情報教育
第12回現在の教育の課題学校・家庭を取り巻く諸問題
第13回今後の教育の展望より良い社会を目指すために
第14回教育の諸理論コメニウス、ロック、ルソー、ペスタロッチ、フレーベル、デューイ
第15回定期試験 
評価方法 1 定期試験
2 レポート課題
テキスト 「教育学への視座」 青木久子他編 萌文書林
テキストISBN番号 4-89347-062-0