シラバス参照

印刷
講義名 社会福祉概論
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 2時限
校地
科目分類名 保育の本質・目的に関する科目
科目分野名
対象学科・年次 子ども学科・1年次
必須/選択 卒業・幼稚園教諭免許・保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 橋本 拓指定なし

学習目標(到達目標) 現代社会における社会福祉の意義・これまでの歴史的流れ、そして今後への課題を理解し、保育者志望の学生として必要な社会福祉における基礎的また概観的な基礎知識を習得する。
またその利用者保護に関わる仕組みなども理解する。
授業概要(教育目的)  すべての人間が幸福感を実感できること。すべての人間が、「自分自身で可能な能力を活かして生活することを目指し、それに足りない部分を支援する」
これが現代社会福祉の究極な課題である。しかし現実は異なる。保育者あるいは福祉の担い手を志望する学生に、まず社会福祉の意義・変遷・先達の努力を理解してもらった後、次に福祉を支える法制度・機関といった基礎事項を修得する。さらに現代社会における様々な福祉の局面を学び、2年次の「相談援助」や専門的福祉の授業につながるような、援助技術・利用者保護の総論的
授業を展開する。
授業計画表
担当教員項目内容
第1回橋本 拓オリエンテーション社会福祉とは
第2回橋本 拓現代と社会福祉(1)
現代社会と福祉の意義・重要性について
第3回橋本 拓現代と社会福祉(2)現代社会において急務な社会福祉の課題について
第4回橋本 拓社会福祉の変遷社会福祉の歴史と先達の努力について
第5回橋本 拓社会福祉の基礎理解(1)社会福祉の概念・理念・精神について
第6回橋本 拓社会福祉の基礎理解(2)社会福祉の法制度について
第7回橋本 拓社会福祉の基礎理解(3)社会福祉の機関・職務・資格・施設の種別とその目的などについて
第8回橋本 拓社会福祉の基礎理解(4)社会保障と関連項目について
第9回橋本 拓様々な福祉(1)生活保護と新たな貧困について
第10回橋本 拓様々な福祉(2)障害児(者)福祉について
第11回橋本 拓様々な福祉(3)ひとり親家庭福祉について
第12回橋本 拓様々な福祉(4)高齢者福祉について
第13回橋本 拓これからの福祉の課題について(1)在宅福祉と地域福祉について

利用者の権利保障と保護について
第14回橋本 拓これからの福祉の課題について(2)福祉と他関連分野との連携について

相談援助へつなげるために
第15回橋本 拓まとめ 
授業形式 講義形式、但し一方通行のものでなく、毎回、課題や提議を行い「学生自身で考える」という形もいれて進めていく。
評価方法 記述テストに重点を置くが、講義への取り組み方、課題の提出なども
総合的に判断を行って評価をつける。
参考文献 適時、別示する。
学生へのメッセージ 福祉は特定の人だけに関わるものでなく、人間一人一人の生活を守ることと幸福の追求を究極のテーマとしてもっているものです。
特に社会福祉概論では、生活全般、一生というライフステージでの広範囲の福祉を取り扱いますので、半期という限られた時間の中で、有効な授業展開をするためにも、投げかけられた課題や問題について、生半可でなく前向きに自分の考えをまとめていく努力を忘れずに受講してください。
準備学習の内容 次回の主題や学生自身への課題を提示しますので、その範囲で十分な事前学習を行ってください。