シラバス参照

印刷
講義名 子ども教育の方法と実践Ⅱ
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 通年 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 金曜日 代表時限 1時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次
必須/選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 瀧  信子指定なし

学習目標(到達目標) 子ども教育の方法と実践Ⅰで習得した教育の方法、教育の技術、情報機器及び教材の活用に関する基礎的な知識・技能をさらに深め、保育者としての自覚・責任をもって行動し、表現する力を養う。
授業概要(教育目的) 学生自身が選択した活動を通して、子ども教育の方法と実践Ⅰで体得した技能・知識をさらに深める。また、活動の中で学生が構成した指導・発表を公開講座や園行事などで、子どもたちと触れ合いながら実践し、保育現場において活用ができる力を身に着けることを目的とする。
授業計画表
内容
第1回それぞれの活動で学んだことを振り返り、教育方法の基礎的理論と実践を復習する。
第2回それぞれの活動において、活動の内容や教育方法等のあり方について確認する。
第3回子どもたちとの触れ合いを通して、子どもの興味・関心を高める方法をグループ討議する。
第4回それぞれの活動において必要な技術向上を目指す。
第5回七夕の伝統文化を通した活動を実践するために必要な指導案を作成する。
第6回太宰府市と共同開催している七夕まつりに参加し、作成した指導案をもとに行う。
第7回指導の振り返りを行い、これまでの活動評価の考え方を理解し、改善する内容を検討する。
第8回子どもたちの関心が高まる活動を目指し、ディスカッションを通して、より効果的な内容を考える。
第9回公開講座「こどもフェスティバル」に向けて、実践内容等について考えを深める。
第10回「こどもフェスティバル」の実践に向け、情報機器を利用して環境構成及び発表に必要な教材等を作成する。
第11回「こどもフェスティバル」を通して、習得した技術・技能や発表に必要な言葉かけや動きの提示等をさらに深める。
第12回発表の振り返りを行い、活動を評価する。
第13回近郊幼稚園と交流を図り、園行事を通して園生活の流れをさらに理解することができる指導案を作成する。
第14回指導案に基づいた保育を実践し、終了後実践の活動評価をする。
第15回一年間のまとめをする。
評価方法 (1)行事や支援などへの参加(50%)
(2)取り組みへの姿勢(50%)
以上を総合的に評価する。
テキスト 幼稚園教育要領(平成29年告示 文部科学省)
幼保連携認定こども園教育・保育要領(平成29年告示 内閣府、文部科学省、厚生労働省)
保育所保育方針(平成29年告示 厚生労働省)
参考文献 やさしく弾ける童謡集・もっと優しく弾ける童謡集(福岡こども短期大学編)
造って遊ぶ・描いて遊ぶ(福岡こども短期大学編)
楽しい子どものうたあそび(木村鈴代編著者 同文書院)
新訂豊かな感性を育む身体表現あそび(井上勝子他著 ぎょうせい)
学校茶道 初級編・裏千家(千宗室 監修 財団法人 今日庵発行)