シラバス参照

印刷
講義名 子ども教育の方法と実践Ⅰ
(副題) シラバス参照用
開講責任部署
講義開講時期 通年 講義区分 演習
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 金曜日 代表時限 1時限
校地
科目分類名 道徳、総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導、教育相談等に関する科目
科目分野名 教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。)
対象学科・年次 1年次
必須/選択 Ⅰ:卒業必修

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 瀧  信子指定なし

学習目標(到達目標) 子ども教育の方法と実践の活動を通して、子どもたちの資質・能力を育成するために必要な教育の方法、教育の技術、情報機器及び教材の活用に関する基礎的な知識・技能を身に付ける。
授業概要(教育目的) 学生自身が自分の資質向上を目的とし、自身に合う活動を選択、アクティブラーニングの手法を用い、その活動を通じて技能や知識を習得する。その活動の中で学生が構成した発表を、公開講座や園行事支援などを通して、子どもたちと触れ合いながら行い、日々培った習得技術を確認し向上に繋げる。
授業計画表
授業計画
内容
第1回選択した活動の内容を把握し、教育方法の基礎的理論と実践を理解する。
第2回それぞれの活動の特徴を掴み、より具体的な教育方法の内容を把握する。
第3回子どもたちとの触れ合いを持ち、子どもたちの興味関心を高める方法を知る。
第4回それぞれの活動で必要な基礎的技術の向上を目指す。
第5回七夕という伝統文化に触れ、それに関する発表に結び付く指導案を作成する。
第6回太宰府市と共同開催している七夕まつりに参加し、作成した指導案を基に活動を行う。
第7回指導の振り返りを行い、これまでの活動評価の基礎的な考え方を理解する。
第8回子どもたちの関心が高まる活動を目指し、効果的な内容に向けてディスカッションをする。
第9回公開講座「こどもフェスティバル」に向け、子どもたちの興味が集まる内容を熟考する。
第10回「こどもフェスティバル」に向け、環境構成および発表に必要な教材を作成する。
第11回「こどもフェスティバル」を通して習得した技術・技能、またその発表に必要な効果的な言葉かけや動きの提示方法などを身に付ける。 
第12回発表の振り返りを行い、これまでの活動評価の基礎的な考え方を理解する。
第13回交流のある近郊幼稚園の園行事支援に向け、子どもたちと触れ合いを持つことが出来る指導案を作成する。
第14回作成した指導案に基づいて実践を行う。活動終了後、指導実践を評価する。
第15回一年間の活動を基に、子どもたちが主体になって行う活動内容を考え、次年度に向け指導案を作成する。
授業形式 選択したコース別に行う(演習)
評価方法 (1)行事や支援などへの参加(50%)
(2)取り組みの姿勢(50%)
 以上を総合的に評価する。
テキスト 幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)
幼保連携型認定こども園教育・保育要領(平成29年3月告示 内閣府・文部科学省・厚生労働省)
保育所保育指針(平成29年3月告示 厚生労働省)
参考文献 やさしく弾ける童謡集・もっとやさしく弾ける童謡集(福岡こども短期大学編) 
造って遊ぶ・描いて遊ぶ(福岡こども短期大学編) 
楽しい子どものうたあそび(木村鈴代編著、同文書院)
新訂豊かな感性を育む身体表現あそび(井上勝子他著、ぎょうせい)
学校茶道 初級編・裏千家茶道(千宗室 監修 財団法人 今日庵発行)
学生へのメッセージ 幼児教育研究を通してある分野の専門性が培われることになるので、研究会選択にあったては、できる限り明確な意識とイメージを持って選んでほしい。尚、研究会の希望に極端な偏りがある場合は、第二希望や第三希望になることがある。この授業は通常月曜日の3・4講目に行われるが、研究会によっては他の曜日の放課後活動するところもある。尚ここに記載されている授業計画は1年の主な行事が中心であるので、個々の研究会の活動計画については担当の教員もしくは幹事にたずねて下さい。