シラバス参照

印刷
講義名 保育原理
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 水曜日 代表時限 1時限
校地 太宰府
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 1年
必須/選択 卒業・幼稚園教諭免許・保育士資格必須

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 菅原 亜紀指定なし

学習目標(到達目標) 1.保育の意義及び目的について理解する。
2.保育に関する法令及び制度を理解する。
3.保育所保育指針における保育の基本について理解する。
4.保育の思想と歴史的変遷について理解する。
5.保育の現状と課題について理解する。
授業概要(教育目的) 保育に関する基本的な内容について総合的に学びます。歴史を紐解きながら現在の保育について考え、法令や制度、保育所保育指針における保育の基本を学びます。保育の全体像を捉え、子どもに関わる保育のおもしろさと保育者としての在り方を考えるきっかけとなる授業です。
授業計画表
項目内容
第1回オリエンテーション・保育とはオリエンテーションおよび保育とは何かを学びます。
第2回保育の社会的意義保育サービスにはどのようなものがあるのでしょうか。保育の社会的な役割や機能について学びます。
第3回現代保育における子育てと保育
今の保育、子育ての現状はどのようになっているのでしょうか。保育に求められるものについても考えます。
第4回保育と子どもの理解子どもを理解するところからはじまる保育について考えます。
第5回保育の内容保育内容とは何か。保育所保育指針等を読み解きながら考えていきます。
第6回保育の方法
子どもとどう関わっていくのか、様々な保育の方法から考えていきます。
第7回保育の計画

保育における計画や評価はなぜ必要なのでしょうか。どのようなものがあるのか学びます。
第8回保育の健康と安全子どもの命を守るための基本的知識、保育における養護について学びます。
第9回保育者の専門性と資質向上専門性の法的な根拠や求められる専門性と資質の向上について考えます。
第10回保育の歴史①
保育の思想や歴史的背景はどのようになっているのか、諸外国と日本の歴史を学びます。
第11回保育の歴史②保育の思想や歴史的背景はどのようになっているのか、諸外国と日本の歴史を学びます。
第12回多様な子どもの理解と保育様々な課題を抱えた子どもと家庭をどのように理解し、保育者として関わっていくのか考えます。
第13回保育に関わる法令と制度保育に関わる法令等の構造や保育に関わる法律、保育制度の基本について学びます。
第14回これからの保育これからの保育の在り方について考えます。
第15回まとめこれまでの授業のまとめを行います。
授業形式 講義
評価方法 試験60%、受講態度および提出物等40%
テキスト なし
適宜プリントを配布する
参考文献 『保育所保育指針解説』厚生労働省 フレーベル館 平成30年