シラバス参照

印刷
講義名 レクリエーション実技
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 時間 0.00
代表曜日 金曜日 代表時限 4時限
校地 太宰府
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 2年次
必須/選択 保育士資格選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 瀧・矢野指定なし

学習目標(到達目標) 1 ホスピタリティートレーニングとアイスブレーキングを通して、個人や集団とのコミュニケーションを促 進する方法を身に付ける
2 目的にあわせてアクティビティを選択する方法、アクティビティの展開方法、相互作用の引き出し方と活 用について学習する
3 対象にあわせたアレンジ方法について学習する
4 活動領域にあわせて、アクティビティを体験する
5 指導演習を通して、指導体験をする
授業概要(教育目的) レクリエーション実技は、レクリエーション講義と同様に、日本レクリエーション協会公認、レクリエーション インストラクターの資格取得の教科目として位置づけられている。
 レクリエーション インストラクター取得単位に関しては、教育実習の単位を取得することと学内で行われるレクリエーション講義・実技以外に、現場実習として、各県や市町村レクリエーション協会が提供する事業に参加(事業参加)または、スタッフ(スタッフ参加)として関わらなければならない。
 レクリエーション実技の授業では、様々なレクリエーション活動を通して友達と交流し、自分自身が楽しさを味わいながら、レクリエーションの指導技術等を身に付けていってほしい。
授業計画表
レクリエーション実技
担当教員内容教室
第1回瀧・矢野一年間の授業概要について
信頼関係づくりの方法・ホスピタリィ① あたたかくもてなす意識づくりと方法
401
第2回瀧・矢野信頼関係づくりの方法・ホスピタリィ② 対象者の気持ちを受け止めていることを伝えるためのコミュニケーション技術 401
第3回瀧・矢野信頼関係づくりの方法・ホスピタリィ③ 対象者との意思疎通を促進するためコミュニケーション技術

401
第4回瀧・矢野良好な集団づくりの方法・アイスブレーキング① アイスブレーキング・モデル体験401
第5回瀧・矢野良好な集団づくりの方法・アイスブレーキング② アイスブレーキング・モデル体験401
第6回瀧・矢野良好な集団づくりの方法・アイスブレーキング③ アイスブレーキングの効果を高める支援技術401
第7回瀧・矢野自主的、主体的に楽しむ力を育むレクリエーション活動の展開方法① ハードル設定の仕方401
第8回瀧・矢野自主的、主体的に楽しむ力を育むレクリエーション活動の展開方法② ハードル設定に基づいたレクリエーション活動のアレンジ方法401
第9回瀧・矢野自主的、主体的に楽しむ力を育むレクリエーション活動の展開方法③ ハードル設定に基づいたレクリエーション活動のアレンジ方法401
第10回瀧・矢野自主的、主体的に楽しむ力を育むレクリエーション活動の展開方法④ CSSプロセス401
第11回瀧・矢野自主的、主体的に楽しむ力を育むレクリエーション活動の展開方法⑤ CSSプロセス401
第12回瀧・矢野モデルプログラムの習得① 保育所や幼稚園での子どもを対象としたモデル401
第13回瀧・矢野モデルプログラムの習得② 保育所や幼稚園での親子を対象としたモデル401
第14回瀧・矢野モデルプログラムの習得③ 地域での子育て支援(親子)を対象としたモデル401
第15回瀧・矢野前期まとめ(ノート提出)401
授業形式 実技形式
評価方法 ・授業における取り組みの姿勢
・レクリエーション活動及び支援技術の習得状況
・ノート記録(提出)

テキスト 授業中に資料等を適宜配布する。
参考文献 「楽しさをとおした心の元気づくり  レクリエーション支援の理論と方法」 公益財団法人 日本レクリエーション協会(レクリエーション・インストラクターテキスト)日本レクリエーション協会編 「レクリエーション指導の基礎実技」 
日本レクリエーション協会編 「レクリエーション指導の基礎実技Ⅱ」 
山田 征夫 著 「さわふれゲーム大全集」  健康・レクリエーション研究所
山田 征夫 著 「教育の中のゲーム大全集」 健康・レクリエーション研究所
オフィスアワー(授業相談) 授業終了後にご相談ください。
学生へのメッセージ 授業を通して、自分自身の心が元気になるように取り組んで下さい。
この授業は選択授業ですので、出会った仲間を大切にコミュニケーションを深めていって下さい。
ぜひレクリエーション・インストラクター資格の取得を目指して下さい。
レクリエーション・インストラクター資格取得を目指す人(希望者)は、以下のとおりです。
 ・日本レクリエーション協会が定める時間数に対する出席が満たされていること。
 ・「幼稚園実習」又は「保育実習」の単位を取得していること。
 ・事業参加(スタッフ参加)の回数が満たされていること。