シラバス参照

印刷
講義名 レクリエーション講義
(副題)
開講責任部署
講義開講時期 後期 講義区分
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 木曜日 代表時限 3時限
校地
科目分類名
科目分野名
対象学科・年次 2年次
必須/選択 保育士資格選択

担当教員
職種氏名所属
指定なし◎ 瀧  信子指定なし
指定なし瀧・矢野指定なし

学習目標(到達目標)  レクリエーション支援者の役割は、対象者がレクリエーション活動を楽しむことを通して心を元気にできるように支援することであると理解する。
 達成感や良好なコミュニケーションといったレクリエーション活動の楽しさを感じる心の仕組みに基づいてレクリエーション支援を行うことを理解する。
 高齢者の役割の発揮の機会や子どもの成功体験の機会など対象者のライフステージに即した心の元気づくりの課題をt理解する。また、地域住民がともに楽しみ気持ちをひとつにできるようにレクリエーション活動を実施することで地域のきずなづくりに貢献できることを理解する。
 信頼関係が構築される人の心の仕組みに基づいてレクリエーション。インストラクターは対象者と関わることを理解する。
 集団がまとまり、お互いに認め合う関係が形成される仕組みに基づいてレクリエーション活動を用いることで、良好な集団が形成されることを理解する。
 段階をおって成功体験をすることで動機が強まり、自主的、主体的に行動できるようになるという人の心の仕組みに基づいてレクリエーション支援を行うことを理解する。
授業概要(教育目的)  レクリエーションの主旨(目的)は、心を元気にすることであり、レクリエーション支援者は、人々が自主的、主体的心を元気にできるようになることを目的に、ゲームや歌、ダンスといったレクリエーション活動を用いて手助けする指導者である。主に、福祉分野や教育分野の施設、学校、地域の事業などの現場で高齢者や子どもなどの対象者として心の元気づくりの支援を行う。
 レクリエーション講義では、以上の目的を達成するために、①レクリエーション概論、②楽しさと心の元気づくりの理論、③レクリエーション支援の理論について学ぶ。
 この授業は、日本レクリエーション協会公認、レクリエーション・インストラクターの資格取得の教科目として位置づけられている。レクリエーション・インストラクターは、公認指導者規定(日本レクリエーション協会制定)に定める他の公認指導者資格の基礎となる資格である。
 
授業計画表
レクリエーション講義
項目内容
第1回オリエンテーション
レクリエーション授業の概要
授業内容・事業参加について
レクリエーションという言葉の主旨(目的)
第2回レクリエーションを学ぶにあたって
レクリエーション活動・レクリエーション支援・レクリエーション運動・レクリエーション事業・レクリエーション組織について
第3回レクリエーション概論①レクリエーション・インストラクターの役割
第4回レクリエーション概論②公認指導者とレクリエーション組織の関係
第5回楽しさと心づくりの理論①楽しさをとおした心の元気づくりの理論
第6回楽しさと心づくりの理論②ライフステージと心の元気づくり
第7回楽しさと心づくりの理論③心の元気と地域のきずな
第8回レクリエーション支援の理論①コミュニケーションと信頼関係づくりの理論
第9回レクリエーション支援の理論②良好な集団づくりの理論
第10回レクリエーション支援の理論③自主的、主体的に楽しむ力を育む理論
第11回レクリエーション支援の方法①信頼関係づくりの方法・ホスピタリティ
第12回レクリエーション支援の方法②良好な集団づくりの方法・アイスブレーキング
第13回レクリエーション支援の方法③自主的、主体的に楽しむ力を育むレクリエーション活動の展開法
第14回事業の企画・運営企画案を作成し、発表しよう(グループ討議)
第15回まとめレポート作成(ノート・レポート提出)
授業形式 講義形式
評価方法 ノート・レポート提出、授業への取り組みの状況等により総合的に評価する。
テキスト 日本レクリエーション協会編 「楽しさをとおした心の元気づくり レクリエーション支援の理論と方法」  (公益財団法人の本レクリエーション協会 レクリエーション インストラクターテキスト・補助教材)   
参考文献 薗田 碩哉 著 「遊びの構造論」 不昧堂出版
坂野 公信 著  「リーダーのGWT」 遊戯社

オフィスアワー(授業相談) 授業の前後・昼休み時間
学生へのメッセージ (1) グループ討議においては、受身の姿勢ではなく出来るだけ積極的に参加すること。
(2) レクリエーション事業では、各地域のレクリエーション協会主催事業にスタッフとして参加する機会を  設け、レクリエーション協会との交流を通してスタッフとしての役割を学ぶ(スタッフでの参加ができな  い場合は、参加者として関わる)。